Follow by Email

2012年4月30日月曜日

event snap .....sendai



The fashion show with which the student of Sendai went to the center

2012年4月29日日曜日

on tha street....fukushima 花柄の2人



 Two persons who go to the high school in Fukushima
高校生の二人。 東北ではあまり見かけないように感じる 花柄を基調とした服装。

二人は別々の高校で ファッションを通して知り合ったんだそう。 もともとは 福島にも

高校生のファッションサークルやイベントはあったけど今はそういう話を聞かなくなった。

だからこそ高校生のファッションでのつながりはとても興味がある。

Thank you..

2012年4月28日土曜日

on tha street,,,,fukushima ピース


         She always makes the others the smiling face.

白い ワークパンツに 白い ジャケット 茶色のメガネと靴 その手にはピースサイン

そんな彼女はまるで 背景で差し色を 楽しんでいるようにも 見えた。


                                                        Thank you...

2012年4月27日金曜日

on tha street....sendai カズ


Kokubu-cho in Sendai is crowded with many persons night.

国分町は仙台の 眠らない街でそこには毎晩多くの人で賑わう。

この写真はそんな時間がこれからら始まっていくって時で、

彼を中心に半分に分かれた光は 日中から夜への 意識のスイッチ。


Thank you

2012年4月26日木曜日

event snap sendai “ CONCENT ”



The club event "CONCENT" performed in Sendai


先日  仙台で“ CONCENT ” という クラブイベントが行われた。

クラブに慣れていない人のためのアットホームpartyという目的で誕生したこのイベント。

今回が記念すべき第一回目。 

メンバーはみんな「仙台盛り上げたいんです」 「来た人みんなが多くの人と
友達になってくれればいいな」って 言う。

たくさんの笑顔溢れる写真は後日「LEADING SNAP」に掲載します。


Thank you..

2012年4月23日月曜日

on tha street....sendai カゲヤマ


                  He is one person of the fashion icon of Tokyo.

ファッション、 自身のSTYLEを築き上げていく事は見えない部分を繰り返し、繰り返し
磨き上げる地道な作業なんだと思う。

たとえば 職人の作るテーブル、表面は綺麗でもそこまでの感動を得るだろうか、本当に
感動するのは 裏面だったり 内面の美しさを知ったとき。 そういう所に「心」を感じる。

輝いてる人って きっと 「自分」 じゃなくて「部分」 で見れている人。

部分 、 部分で見ることは きっと ファッション だけじゃない。 仕事にも 生き方にも
共通してること。

Thank you....





2012年4月22日日曜日

event snap



                  Club event currently performed in Utsunomiya" "REVOLVER"

深夜、クラブイベントも終わりに近づく頃、彼の座り込んでいる感じだったり、

仕草や、 横のスピーカーが 調和してて 大好きな瞬間となった。カメラマンは写真を撮るほどに

「奇跡」と遭遇する。

僕は そんな 「奇跡の写真」を見るたび 奇跡はチャンスに挑み続ける姿勢が起こすものだと

実感する。
                                                           Thank you...

2012年4月20日金曜日

on tha street,,,,fukushima MONCHI




                                                  The man who is doing Dj.

                        The event "THE GROOVE SMASH" is also held next month.

来月から アパレル関係の仕事に移るという。 これから社長に会いに行くところ。

頭上の 半分になった標識には これから進んでいく新しい道の応援と可能性を込めて。


2012年4月19日木曜日

on tha street....fukushima グランマ


            The woman who is acting as a housewife

「思い切って」こそなりたい自分への近道。こだわりこそ自身のキャラクターの本質であり、

ファッションを味わい深くするもの。

今日も大好きな古着探しに街へ赴いたグランマさん。

たくさんのワッペンの中には「がんばろう福島」の文字。


                                                         Thank you..


2012年4月17日火曜日

on tha street......sendai  アベショ


              

           He is just going to go to his friend's birthday congratulation after this.

目を閉じてイメージしてみる。 これからの人生、どんな人生にしたいのか。

一度きりの人生、どんな人生にしたいのか。どう生きるのか、何のために命を燃やすのか。

     立ち止まって 考えてみる。

                                                                 Thank you...

2012年4月16日月曜日

on tha street ....fukushima  naokooo!


                   The girl who goes to the waiting place in which a friend is present ..



最近、子供のころを思い出してみる。 

恐怖とか、 不安とか、劣等感みたいなものって当時持ってたのかな? きっと恐れなんて何もなかった。

だから子供は成長が早い。挑戦にどん欲だし、失敗に対する恐れがないから。

何で大人になっていくにつれ周囲の目を気にしたり、失敗を恐れたり恥じるのだろうか?

子供に学ぶ。 失敗って、「挑戦した証」なんだって。


Thank you...







2012年4月15日日曜日

on tha street......senndai ヒデ


                      He is waiting for his friend.

   彼は普段建築士の仕事をしている。この日は休日。 友達と待ち合わせ。

「待つ」という瞬間にこそ 楽しみは溢れていて、 それこそが この後の楽しみの根源。

この瞬間をいかに楽しむかは 普段意識しないけど きっと すごく大事な時間。

          彼は 大好きな音楽を聴いて 「待つ」を楽しんでいる。

                          Thank you....

on tha street....fukushima HARU


                                     
                                           She removes a coat and will be spring soon.

                   上着を脱いで、東北にも春が来た。

2012年4月14日土曜日

on tha street ...koma2



                                       The student who goes to a fine-arts university

デザイナーを志す彼。 志とは 心の中にある自分の理想の将来像とぼくは考える。

たとえば、同じことをしていても 目標の自分を思い描きながらやるのと

ただ行うのでは 結果は必ず違ってくる。

見据えるものの違いこそが 結果の違い。


志は目標を目指している過程の中で

「なぜ自分は今このことを 行っているのか?」 という意識の再確認の役割を果たす。


                            Thank you...







2012年4月13日金曜日

A high school student's fashion circle "Rural"


                      The fashion circle of the high school students of Sendai "Rural"

           仙台の高校生たちのファッションサークル 「Rural」はみんなが思い思いのファッションで

楽しんでて、夢をきいたら 「ヘアメイクさんになりたい」とか「洋服にかかわるお仕事をしたい」なんて

想いをそれぞれが持っていた。こういったさらに若い世代の勢いを感じると すっごく嬉しくって。

応援したくなる。
 

大好きな仲間と 大好きなものを共有できる幸福感はきっと年を重ねても残るもの。

2012年4月12日木曜日

on tha street.....sendai  キリ



      He is always enjoying the fashion using black dress.

 ちょっと前から気になるアイテム。 男性のルーズソックス。 コチラはjiedaのソックス

キリさんの 素材合わせも大好きで。 TOPがレザーの切り替え でボトムはタオル地。


                                                                   Thank you....

2012年4月11日水曜日

on tha street....fukushima "hula girl"



                  The girl who has acted as the typical dancer "hula girl" of Fukushima

on tha street....sendai 変形トレンチ


                The woman who came from Morioka

          すごく姿勢の美しい方という印象が残っている。

                姿勢について考えてみる。

僕の中では自身の生き方に対する敬意であり勢い。物事に意味を持たせるということ。



Thank you...

2012年4月10日火曜日

on tha street....sendai 高校生のミヤとR



The female high school student of Sendai

they are working on the fashion circle in Sendai "Rural."

ファッションが大好きな女子高生。好みは似てても解釈とこだわりの違いで自分のSTYLEに「我」
を出してる。

近年若い子たちほど、 「みんなと同じがかっこいい」とか
「普通でいい」という志向が高まっていると聞く。 

わからなくもないけど なんでだろう? って素直に思った。一時は経済的なもの?ともそのほかいろいろ考えたけど。。

きっと「目立ちたい」って気持ちはある。 「プライド」も各々ある。むしろ高いくらいにも思う。

だからこそ余計に「傷つきたくない」って気持ちが個性の引き出しを阻んでる。

その背景には

突き出るものに対しての批判や中傷がネットを通して年々より迅速に、より徹底的に行われるようになったという傾向も原因の一つかと考える。

批判するつもりは一切ないが、 個々の自己主張は大切だと思う。知ってほしいのは

東北にもたくさんの 愚直さともいえるほどに 自分の好きなものに「我」を通す人たちがたくさんいるということ。

ありもしない殻に閉じこもらないで 欲しいということ。



                                                    Thank you....




彼女たちは仙台に拠点を置く高校生のファッションサークル Rural のコたち。

これからさらに輝いていく。 スポットライトにあたっていく世代の意味を込めて

頭の上には ライトの配置にしてみた。

それに関してはまた今度詳しく紹介させていただくつもり。



2012年4月9日月曜日

on tha street....sendai Baaashi





His dream is a speech therapist.

前を見据える男性。行きつけのSHOPの手すりに寄りかかり、 後ろには 進入禁止の標識。 

彼の夢は言語聴覚士。

僕には彼の夢を追う姿そのものに見えた。 

決断とは 決めるために何かを断つこと。

夢を叶えるために退路を断った彼の決意と夢をみる力強い視線。

そこへ向かう途中の心の休まりどころである大好きなお店。 


お店の役割ってきっと、ものを売ることが後付で 人が繋がる場所だったり。。

心の よりどころだったり。 であってほしい。

少なくとも僕はそういう所に通いたいし、買い物をしたい。



                                                             Thank you....

2012年4月7日土曜日

on tha street......sendai jiedaとPHENOMENON



            The blouson of jieda, and the trousers of PHENOMENON

                  Him who likes a STREET brand ...

           僕は問う  僕が被写体なら カメラマンに何を望むか。

           答えとして 導き出されるものは いつだって 簡単なもの。

                        人が人に求めるもの。

   じゃあ 人間にとって一番大事なものとは? 答えは人それぞれだけど 答えは一つ。


Thank you

Club event ....sendai 2


                                                The club event "MILK" of Sendai

              イベントは さまざまな人の 思い思いの「楽しみ」を「共有」する場所。

                                              複数の主体が支配と利用をする。

2012年4月6日金曜日

Club event .....sendai





                        The club event "MILK" of the overnight limitation of Sendai

         この夜を待ちわびた人々が思い思いのファッションで その一夜を楽しむ。